LAN配線のカテゴリって何??

福井でかわいい家なら?でおなじみ

(株)ガウディ・サラサホーム福井北です

家の中でWifiを飛ばすって、ここ数年では当たり前になってきて、なんならもうWifiが無いと目が見えないのと同じですよね

lan

スマホでネットを見たり、メールをチェックしたりするぐらいはWifi(無線LAN)で十分なんだけど、大きなデータをやり取りする仕事とか、本格的なオンラインゲーム、YOUTUBEを高画質で見る場合はやっぱり無線ではなく、有線LANじゃ無いとだめですね

照明器具の選定やコンセントの位置も大事ですが、現代の電気配線の打ち合わせではこのLAN配線も重要な要件になってきてます

※5Gが始まるとまた世界がガラッと変わるんですがね・・・

さて

そんなLAN配線にも種類があったのご存知でしょうか?

通常使われている種類はカテゴリ5から6。

数字が上がるほど通信速度が速いんですが、この7の上にカテゴリ8というのもあります。

でも”8”はゲームセンターの通信や産業用らしく、住宅にはまだまだ不向きとのこと。

一般的な家庭内LANの場合、当社ではカテゴリ6を使わせていただいておりました。

カテ6でも1Gbpsありますので、せいぜい数百bpsしか出ていないと思われる現代の一般家庭ならなんら問題もありません

lanカテゴリ

もちろん通信速度は、ネットの回線、プロパイダー、契約内容で決まるので、LANケーブル一つ変えてもどうにもならない場合もありますが、1G以上出る回線でもカテゴリ6では1G以下しか出せませんので、注意が必要ですね

住宅の新築でこのネットの計画をする時、

なんの回線を使うのか?

モデム、ルーターをどこに置くのか?

WIFIはどこから飛ばすのか?

有線LANは必要か、不要か?

で、検討します。

無骨でメカニカルなモデムやルーターを部屋の見えるところに置いておきたくない!とか、どうせ後ろの配線がぐちゃぐちゃになるだろうから、見えないところに置きたい

っていうお声は大きい。

そんな時は扉付きの専用の棚を作ってそこに集中しておけばいいし、ネット関係の機械はここ!!ってしておく方が楽ですよね(^.^)

テレビで動画は見ないわ〜(+_+)

というお家でも、ルーターからメインのテレビまでは有線LANを壁の中に仕込んで置くことを推奨してます。

将来的にはネットの回線がどんどん速くなり、コンテンツも増え地上波からネット動画に移行していくのは確実です

今でさえ、テレビは見ないくせに動画は見るっていう若い子がいますもんね(苦笑)

★★★

壁の中に仕込むLAN配線です。入れ替えも大変なのでどうせなら将来の事も踏まえ、高規格なカテゴリ7を入れたいものですね

ただこのカテゴリ7、お値段はカテ6の数倍・・

なかなかのセレブな回線です

それとこのカテゴリ7ですが、まだ専用のLANコンセントがありません。(モジュラージャックともいいますが)

lan

上記の写真はカテ6用のLANコンセント。

コンセントが無いので、丸穴プレートからLANの雄が飛び出ている状態となります

コネクターは写っていませんが、こんなイメージです。ちょっと不格好ですが、大体TVやパソコンに隠れてしまうのでこれでも善しとしましょう

カテ7が普及してくればコンセントなんかも出てくるんでしょうね・・

 

 

 

サラサさんって台風に強い?最終回

福井でかわいい家なら?

でおなじみ(株)ガウディ・サラサホーム福井北です

さて今回は「サラサさんって台風に強い?」の最終回で、耐力壁のお話しです。

耐力壁っていうのは、地震や台風が来ても倒れず踏ん張る「壁」の事です。前回書いた、構造材や接合がいかに頑丈でもこの耐力壁が脆弱だと台無しです

耐力壁と言えば巷の工事現場でよく見かける「筋交い」といわれる斜めのつっかえ棒ですかね

よくこんなの見るでしょ??

筋交い

でもね、これって意外にもろいんです

筋交い

この筋交いの壁に台風なんかの外力が加わると、外側の柱の脚元を支点に回転運動が生じます

すると手前の柱は引き抜かれ、建物は崩壊してしまいます。このため前回書いたホールダウン金物が必要になってくるんですね〜

ところがこの耐力壁にパネルを使うと、外力が一点に集中する事が無いので構造は非常に安定します

ダイライト

ツーバイフォーの「面」で保たせる構造と同じ考え方ですね

サラサホーム福井北の施工例

つまり

荷重は「梁、柱、土台」でしっかり受け止めて、地震、台風には「面」で耐えるという理想的な構造なんです!

まさに在来工法とツーバイフォーのいいとこ取りですね

でも最近はこの在来工法にパネルを貼るというハウスメーカーもチラチラ現れました。

でも当社のパネルは一味違います!

耐力パネルは地震に強いのは当たり前ですが、燃えない!腐らない!シロアリに強い!湿気を通す!というスーパーパネルなんです!

巷で見るハウスメーカーさんが使っているパネルとはそもそも素材が違うんですよね〜

ダイライト特性

他メーカーが使っている構造用合板、MDF、OSBは全て木質系。

木質系なので火に弱く、湿気を通さない上にシロアリの大好物

それに比べ当社採用の「ダイライトパネル」は鉱物と火山灰で出来ています。

なので、火に強く、透湿性もよく、シロアリにも食べられないんです!

昨今の首里城の火災・・・

びっくりしましたね

木造ってやっぱ燃えやすいんだぁ〜と思った方も多いハズ

現代の住宅は耐火性のあるボードで内外を覆っていますのでとても燃えにくい性質を持っていますが、このパネルを貼る事でさらに耐火性が増します。ダイライト特性

↑↑ 煤がついていますが、ダイライトは燃えていないんです

集成材の構造躯体とこのダイライトでお家を作ると、鉄骨の区分で火災保険に加入できるので、木造と比べると保険料が1/2から1/3になります

透湿性を他のパネルと比べたグラフがこれです↓↓

ダイライト特性

透湿抵抗なので数値が小さければ小さいほど湿気を通すという事です。もう単位が違うくらいの圧勝ですね

温度変化による結露が壁の中で起こっても、この湿気を速やかに外に出す必要があるのでこの透湿性能は重要な要素です

シロアリが寄り付かないのも安心ですよね

ダイライト特性

ダイライト特性

どうです!このパネル!最強でしょ!!

他のパネルとの違いがわかればお値段が高いのも納得です!

サラサホーム福井北施工例

当社は新築物件はほぼこの構造躯体で建てています。

現場見学は常時受け付けていますので、ご連絡くださいね〜!

ではまた〜