「福井」タグアーカイブ

人気の間取りシリーズ!シューズクローク編!

福井でかわいい家なら?でおなじみ

(株)ガウディ・サラサホーム福井北です(^.^)サラサホーム福井北の施工例

2019人気ランキングでも堂々1位にはいったシューズクロークの
いろいろをご紹介します

 

昔といっても20年近く前は、いわゆる”下駄箱”という家具を

玄関の横に置いていました

この下駄箱という響きがすでに昭和のカンジしますね~

コワイコワイ・・・(;´∀`)

サラサホーム福井北

まぁ・・こんなのですが、

この下駄箱はかなりオシャレなやつですね。(^^;)

その後、この”下駄箱”がだんだん大容量化して

「部屋化」していったのがシューズクロークです。

福井でかわいい家を造るガウディの施工例

現在ではいろんなパターンがありますが

シューズクロークの最も一般的な間取りはこのタイプです

福井でかわいい家ならガウディ

「脇玄関」とか「家族用玄関」とも呼ばれていましたね

家族は玄関から入り、左の脇玄関の方に入り靴をぬいで

ホールに上がります。

家族が脱いだ靴がメインの玄関に散乱(笑)しないので

急な来客時に重宝され人気の間取りになりました。

玄関と脇玄関の間に引き戸を入れるケースもありますが

大体はオープンのままで、のれん程度の目隠しに終わります

ただ、やっぱり靴ですから・・・

臭いが気になるという方もいらっしゃいますね(+_+)

次のパターンは「納戸系」です福井でかっこいい家ならガウディ

とにかく靴だけじゃなく、ベビーカー、ゴルフバック

などなんでもいれてしまえ!という間取りです

図のように、別途Sクロークを設ける場合と兼用する場合があります

北陸だと、冬に除雪道具なんかもおいておけますから

なおいいですよね(^.^)

次のパターンは「クローズ系」です

シューズクロークの施工例

通路になる部分を最小限にして容量そのものを増やそうとする間取りです

この場合奥にベビーカーなんかをおいておけるので

子供がまだ小さいご家庭には人気です

ただし、床がタイルなので土足に履き替えて靴を取りにいくという事になり

玄関がちらからない!という脇玄関当初の目的を見失う事に・・・

ベビーカーを収納することに重点をおけば

床はタイルの方が使いやすいので、どちらを優先するかで

方向性が決まりますね

土足に履き替える動線優先なら次の間取りです

シューズクロークの施工例

今、じわじわきてるフロアーレベルのシューズクロークです

ベビーカーが必要なのはほんの一時なので、長い目で見れば土足に履き替えなくても靴をとりに行けるこの動線が使いやすいかも?です

濡れた靴は収納できませんが、それはどれも同じ。

床がタイルであろうと、板自体は大体木製ですから・・・

濡れたままは気が引けますよね。

と、まぁシューズクロークひとつとっても沢山の意思や

希望が詰まっています

玄関はその家の顔とも言いますし

その家のにおいもそこでわかりますよね~

やがて、靴をぬがない生活スタイルになったりすると

このあたりの間取りも激変することでしょう(^.^)

そんな日が来るんでしょうか・・・笑

ガウディではお客様とのヒアリングにて、最適な

間取りをご提案しております

ご相談だけなら無料ですよ~(^.^)

ではまた~

 

 

お家が欲しい!!でもなにからすればいいの??

マイホームづくりでベストなタイミングは一般的に結婚した直後です 。

なぜなら、結婚して子供が生まれる前なら奥さんがまだ仕事をしているケースが多い事。

これにより、奥様の年収を合算して住宅ローンが借りやすくなります。

それに子供が生まれるとどうしても子供中心の生活になり、半年はかかるであろうお家の打ち合わせが十分出来ない可能性もあります。

今回の打ち合わせはご主人だけで・・・っていう事も少なくありません。

結婚してとりあえずアパートを借りるケースでもそうです。

家を建てると決まったら、毎月の6,7万のお家賃ってまさに捨てているようなもの。

お家は早いに越したことありませんよね??!!

結婚直後は大体年齢も若く、大きな病気もなく健康であるということも重要。

あまり知られていませんが、大きな病気をしてしまうと一般的に住宅ローンは借りにくくなってしまいます
サラサホーム福井北の施工例 ガウディの施工例 福井で新築 福井でマイホーム 

じゃあ

家を建てたいと思ったら・・・


何からはじめればいいのかな?

家が欲しい・・・

そう思ったとき、何からはじめたらいいのか。

初めての方が大半だと思いますが、人生にそう何度もない事です。

経験もないです。

知識もそんなにないです。

そして・・・お金もそんなにないです。

家を現金で建てる人はそういません。

そこで・・・

1、住宅についての知識が必要だと考えて、ネットでいろいろ調べる

2、まずはいろんな家を見てみないと、住宅展示場やモデルハウスを見学する

3、土地がないと家は建たないので、土地探しをする

順番はちがっても、こんなところが多いようです。

ナチュラルなお家 ナチュラルインテリア

ある程度の知識と情報を得て、どんな家が欲しいのかを自分で考えたい方は、ネットや本や雑誌といったものでお勉強するのも一つの方法です。

でも、ちょっと待って・・・

ここでちょっとした落とし穴にはまる可能性が。

ネットや本などは、情報は無限大に収集できますが、あなたにとって一番ベストな家を教えてくれるものではありません。

そこで、「あれがいい」「こんなのがいい」「こうすればいい」「あれはだめ」「これは気を付けて」「これはしてはいけない」など、どれが正しくてどうすればいいのかわからなくなる人がとても多いようです。

モデルハウスや展示場を訪れても、「立派すぎて参考にならない」とか「実感がわかない」となるケースも。

住宅についての情報はものすごくたくさんある

一度や2度モデルハウスを観たり体感しても、そんなにわからないかもしれません。

何年も家に対して興味があったりされる方以外は、すぐに判断がしずらいものなのです。

間取りやデザイン、構造や性能、その他の仕様・・・

項目にして100は越えます。

では・・・どうすれば一番いいの?

一番迷わない、近道は?

1、とりあえず、ネットで好みのイメージに近い写真を集める

2、それに近い施工事例がある、建築希望地から比較的近い(車で1時間くらい)住宅会社をいくつか見つける

3、見つけたら、その会社のインスタやホームページを見る

4、同時に資料を請求してみる

5、一度その会社に相談してみる

この時、聞きたいことを普段からメモしておいて持っていくとよいでしょう

と、ここまではほとんど無料です(^^♪

実際に相談というとかなり勇気が要りますが、勇気をふりしぼって電話してみましょう!

あって話をすると断れなくなってしまったりと思われるでしょうが、プロはプロの情報を持っています。

実際にあって話をしていく中で、その人が求めている家がどんな家か、だいたいわかってきます。

そのうえで、あなたにない知識を使って無料でアドバイスまでしてくれます。

それから、お金をどうするかについても教えてくれます。

実は、実際にあって話すという事は、プロよりもお客様のほうにメリットがあったのです。

現在は押し売りのような営業をしている住宅会社はとても少なくなりましたから、気軽に利用される方が得になりそうです。

そうしてタダでいろいろ教えてもらうと、驚くほどすっきりしてきます。

あれやこれや悩んでいたのが嘘みたいに。

自分たちの希望が整理出来たら、次にお金です。

その家がいくらで建てられるのか、希望予算はいくらなのか、その家は予算内で建てられるのか、無理ならどこをどうすれば予算内に収まるのか・・・。

これらすべてを無料でしてくれるのが住宅会社です。

あなたの予算を大切に、希望の家を建ててくれる住宅会社を選ぶのはこの時です。

それまでは、すべてタダですから(^^)/

安心してください。

自分で勉強したり

いろいろ考えるのは苦手という方は

住宅会社の知恵をもらう。

考えるのが苦手な方は、行動しましょう。

あれこれ見ているうちに、なにか得られることがあります。

「住宅会社の人はいい事しか言わない」とか

「いいことも悪いことも教えてくれる」とか

「お金の話しかしない」とか

「何が大事なのか教えてもらえた」とか

「断熱がどのくらい大事かわかった」とか

「自分たちの好きな家の話しかしない」とか・・・とか・・・。

このように、住宅会社の特徴などもわかってきます。

たくさん勉強するに越したことはないですが・・・

知識を入れすぎても、自分たちにとっての正解を選べなくなるのは困ります。

あなたのベストな選択へと導いてくれる会社と信頼してお付き合いできれば

家づくりは素晴らしいものになるのではないでしょうか。


福井で自然素材のかわいい家
かっこいい家ならサラサホーム福井北

インスタもぼちぼちpost中♪♪♪
yjimageFYI4ZW9S

FBはこちら
yjimage

ヘリンボーンのいろいろ

短いフロアー材を組み合わせて貼る貼り方を「寄木張り」といいます
もっとオシャレな言い方をするとヘリンボーンといいますね(^^♪
「ニシンの骨(Herringbone)」に見えることからこのように呼ばれているようです

福井のヘリンボーンの施工例
まさに魚の骨ですね(^.^)

古くはヨーロッパで使われていた様式で、日本に入ってきたのは明治以降。
有名なのは迎賓館のヘリンボーンです。
その空間のよきアクセントにもなります

さて、こちらは「フレンチヘリンボーン」と言われる貼り方に苦戦中の大工さん
福井のフレンチヘリンボーン施工例
通常のヘリンボーンとの違いは、貼り合わせた部分が直線になる事で、斜めから見た目地の通りが新鮮でキモチいいですね。

ただ、製品の寸法誤差をモロに拾うのでなかなか施工が難しいですね
だんだん左右がズレてきてしまいますので、オーナー様には確認が必要です
福井でフレンチヘリンボーンならガウディ

福井でフレンチヘリンボーン
この床材は無垢材ではなく、いわゆる合板に本物のオークを薄くスライスしたものを貼ってあるタイプ。
表面は本物なので、張ってしまえば無垢材と変わりありません。
世界的な木材不足の中、無垢材はだんだん少なくなってきているんですよね(+_+)
ヨーロッパでは今やこちらの方が「エコ」とされているようです

自然素材の外壁材-仕上げ編

高千穂そとん壁の仕上げはこんな感じです

福井でかわいい家ならガウディ
ぽたっとした表情がフランス瓦とよくマッチします

この色がそとん壁の中で最も白いラインナップ。いわゆる真っ白じゃないところも、自然っぽいですよね~
福井でかわいい家
白い外壁材にブルーの窓枠もかわいいですね

波板いろいろ

(株)ガウディ
サラサホーム福井北ではもちろん、
新築ばかりではなくリフォームやリノベーションも
デザイン、設計施工やらせて頂いてます

今回はちょっとおもしろい外壁の改修工事。
サイジング横貼からガルバニュムの外壁に改修するのですが
通常、住宅ではあまり使わない折り方です
波板の小波、中波、大波のサンプルが入ってきました。
リノベもサラサホーム福井北

上から見るとこんな感じです
リフォームもサラサホーム福井北
昔の小屋とか、かんたんな建物に使われているイメージの”小波”
ですが、色がブラックの艶消しとなると
なかなかかっこいいじゃありませんか!色の持つパワーですね
”中波”や”大波”は時々、クールな店舗で見ますが
住宅用ではあまり使っているのを見たことがありません。
当社でも未経験です
この外壁改修工事楽しみになってきました(^^

絶妙!!垂直タラップ!

現在福井県坂井市丸岡町で建築中の現場です。
ロフト構造のご主人の隠れ部屋へのアクセスがこのタラップです

サラサホーム福井北 ガウディ施工写真
大工さん手作りタラップ

上がりやすさももちろん、天井に開けた開口の具合、すべてにカンペキです!
イメージ通りのものが出来て私も満足(^.^)
このお部屋はまた後日UPします!

アクセントウォールとなるキューブ型の古材パネルも到着

サラサホーム福井北の施工写真
古材キューブです

玄関入ってすぐの壁に施工予定です!
こちらもお楽しみに♪

B品のフロアーを使ってかっこいい壁作り!

今日は(株)ガウディ※サラサホーム福井北 が
坂井市丸岡町で施工中のお家にて
検品後、B品となった床材をエイジング加工して
壁材に再利用するべく
お施主様とそのお子様で塗装をしました♪

ガウディが施工する
かわいい職人さん♪

4.2mある床材の中から使える部分だけをカットして
子供たちが思い思いの色を塗っていきます。
一物の不安もありますが、配色は後で考えましょう(笑)

使う色は水性塗料と鉄板の
サラサホーム福井北
鉄板のブラインワックス!

サラサホーム福井北

子供たちが大きくなってもお家のリビングの壁を自分が塗ったという事を覚えていてくれたらいいなーと思います

かっこいいブルックリンスタイルの家

まるでNYのブルックリンエリアにある
かっこいいアパートメントの様な外観
黒い塗り壁と造形のブリックタイルが印象的。

福井でかっこいい家をつくるガウディの施工例 おうちブルックリンスタイル NYのアパート
ブルックリンスタイル
かっこいいNYのアパート

玄関を入ればエイジングされた木壁と
鉄骨フレームの階段がお出迎え
福井でかっこいい家をつくるガウディの施工例 エイジングされた木壁と鉄骨フレームの階段

福井でかっこいい家をつくるガウディの施工例 ブルックリンスタイル ニューヨーク

勾配天井の広々としたLDKスペースには
TOYOキッチンが異色を放ちます
福井でかっこいい家をつくるガウディの施工例 TOYOキッチン

福井でかっこいい家をつくるガウディの施工例 かっこいいハーフレザーのソファー
ハーフレザーのソファーがよく似合いますね
福井でかっこいい家をつくるガウディの福井県鯖江市O邸の施工例写真
福井県鯖江市 O様邸
ブルックリンスタイル かっこいい家 インダストリアルインテリア 福井 ヴィンテージ ハウスメーカー インダストリアル 男前インテリア

タイトル
福井のかっこいい家「COOLなブルックリンスタイル」