サラサさんって台風に強い?

福井でかわいい家なら?でおなじみ

サラサホーム福井北 (株)ガウディです

サラサホーム福井北の施工例

最近台風や豪雨の被害が心配ですね〜

そんな中先日お客様からこんな質問が・・・

「ところでサラサさんって台風に強いですか??」

・・・

なんて素朴でピュアな質問なんでしょう!

そういえば耐震性とか断熱性とかのお話を全くしてなかった事を

深く反省・・・(^^;)

だって

地震に強いとか暖かいとか、今や当たり前の事だからです!

安心して住めないお家はお家じゃないですもんね

強いてアピールする事もないっていうスタンスなので

訊かれるまで、ご説明していませんでした・・

なので今回からしばらくウチの構造のお話を

興味ない方はスルーしてください

ウチの構造が最強である事をご説明しますね

 

まず基本的な事からですが

ウチの構造は木造の中でも在来工法と言われる工法です

日本で昔ながら培ってきた構造で、神社仏閣はすべてこの構造です。

屋根の荷重を 梁 ➡︎ 柱 ➡︎ 土台 ➡︎ 基礎 に伝える構造で、

わかりやすくいうと、「柱があって梁がある建物」です。

サラサホーム福井北の施工例

同じ木造でも、柱、梁が無く面で支えるツーバーフォーと

いう構造もあります。まぁ、マッチ箱と一緒ですね。

紙なのに箱にするとなんか丈夫!っていうアレです!

つか、若い人はマッチ箱って見たこと無いですかね・・(;´∀`)

 

まぁ、そんな在来工法ですが、柱や梁の素材が昔とはちょっと違います。

ウチでは集成材と言う木材を使います

小さい木が寄せ集まっていますね

実はここに強度と加工性の良さの秘密があります

無垢材(一本の木)は強度に個体差があります。

家の大事な梁に使うのに、たまたま強い梁ならいいですが

強度がイマイチな梁があてがわれる事もあるのが無垢材の

最大の弱点です。

でもこの集成材は、JAS規格によって強度が保証されています

なので設計者が、希望する強度の梁を配置する事が出来るのです

これは実はすごい事なんです!!

さらに乾燥や湿気による伸縮や反りがほとんど無いというのも

大きなメリットです!

”寄せ集めの木”ですが、”木”である事には変わり無いので

木が持っている、水分を蓄えたり放出したりする機能は

そのままです。

他にも無垢材よりも火災に強いというのも実証されています

なので、また後日UPしますが、燃えない耐震パネルとの併用で

火災保険が大幅に安くなったりもします(^_-)-☆

 

土台伏せの施工例

 

デメリットがあるとすればただ一つ。木目が美しく無い点ですね

例えば和室の柱の様に木目そのものを愉しむ用途は不向きです

さて、そんなとっても優れている集成材ですが、

実は土台と柱、柱と梁をどうやって接合しているかがさらに重要になってきます

接合が甘いと力がかかった時に、梁が折れなくても柱と外れてしまうと何にもならないですよね!

次回はそんな「接合金物」のお話です

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)