ダイニングテーブルの直列配置のあれこれ

福井でかわいい家なら??

でおなじみ(株)ガウディ サラサホーム福井北です

またまた久々の更新です((-_-;))

今回は最近採用率が高めの

「ダイニングテーブルの直列配置」のお話しです

つまりこんな感じですね

坂井市の工務店の施工例

「T型」と比べると配膳の効率は高いでしょうか?

必然的に冷蔵庫とダイニングテーブルが近くなる傾向があるので

食事の途中で「ビールもう一本!!」って事になっても楽ですね(^.^)

 

 

プラン設計の最初の段階でこの直列をマストにされる奥様も

けっこういらっしゃいます(^.^)

福井市の工務店の施工例

でも

この直列にする場合忘れてはならないのは

必ずレンジフードの裏からの動線を作っておくことです!

福井市の工務店

この赤い動線がないとテーブルの向こうに回る時にえらく苦労します(>_<)

当たり前の事のように思えますが、

他社のプランを見てるとこの動線が無いプランもあります。

 

これを実現する為には、まずレンジフード裏の動線で1m

キッチンで2.6m、ダイニングテーブルで1.6m、テーブルの奥で1m

トータル6.2mもの部屋の長さが必要になります。

道路の向き、敷地の形状等では難しい場合がありますので

ご注意くださいね~

福井市の工務店

 

福井の工務店

福井市の工務店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)